NEOホステルが凄い スマホでなんでもできる&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 ホテル

今年2017年4月にオープンした
  &AND HOSTEL ASAKUSA NORTH
のご紹介です。

こちらのホテル、何が凄いかというとスマホでなんでもできてしまうというホテルなのです。
チェックインしたら、専用のスマホを渡されます。実は、このスマホ1台で、あらゆることができてしまうというのです。

早速、1泊8,500円のIoTツインルームの2人部屋に行くと、部屋のドアロック解除は、先ほど渡されたスマホを操作して鍵を開けて部屋に入ることになります。時間はものの数秒です。そして、鍵が開くと同時に自動的に電気がつくようになっています。実は、このホステルでは、SONY(ソニー)やSoftBank(ソフトバンク)などの企業が様々な実証実験を行なっていて、ここで集めたデータを近い将来、一般家庭やヘルスケアなどの場で活用していく予定なんだそうです。

まず、スマホでエアコンやテレビなどの家電をコントロールするシステムには、SONYを始めとした各メーカーの技術が、また、1,600万色以上の色調が変えられるLED照明には、フィリップス ライティング ジャパン合同会社が実験中です。そんなに沢山の色はいらないと思われるかもしれませんが、でもここで集めたデータをもとに心安らぐ色の研究をしているとのことでした。

さらに、このスマホでカーテンの開け閉めをすることもできます。自分で開けた方が早いんじゃないかと思わず笑っちゃいますが、でも、このスマホでタイマーをセットしておけば、起きる時間に自動でカーテンを開けることができます。目覚ましと組み合わせることで太陽の光で気持ちの良い目覚めを作り出すことができるということですね♪
このシステムでは、太陽の光と目覚めの関係のデータも集めているとのことです。

I0Tのお部屋のカーテンは手動での開閉はできませんので、必ずこのスマホで操作して開閉してくださいね♪

さらに、このスマートホステル、2020年にはさらなる驚きの進化をするというのです。取締役 中島庸彰(のぶあき)さんのお話では、「ゆくゆくは、スマホすらいらなくて、音声認識で鍵が開いたり電気を点けられたりするというのは、間違いなく2020年には訪れているのではないかと思います」とのことでした。

日本人のおもてなしの心が随所に盛り込まれているという感じのこのスマートホステル、これが進化していけば、さらに色んなサービスや新しいホステルがこれからどんどん出てくることでしょう。

今回ご紹介したホステルは、ホテルと違い、ホステルということですから基本的に相部屋と思っていたのですが、このホステルで用意されているお部屋4タイプのうち相部屋は、Dormitoryのタイプのお部屋のみとなります。お風呂とレストルームは共用です。IoTデバイスを体験できるお部屋は、IoTツインルームとIoTセミダブルの2種類が用意されています。

 

最後にこのホステルのアクセスなどをご紹介しておきます。

東京都台東区日本堤2-4-7
03-5808-7978

東京メトロ日比谷線「南千住」駅徒歩6分「三ノ輪駅」徒歩8分

関連記事

NEOホテルが凄い 隅田川沿いのリバービューのホテル

今回、ご紹介するのは今年2017年4月にオープンしたばかりの LYURO東京清澄THE

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

夏が旬のアナゴ 今回ご紹介するお店は

今が旬のアナゴ、その生息域は広く、南は九州から北は東北まで日本

和田アキ子さんお気に入りのお店【グルメ編】

7月1日放送の「人生最高レストラン」で紹介された、和田アキ子さ

no image
ハンドボール界の新星 歴代最長身規格外の玉川裕康選手に注目

標高8848mのエベレスト、ヒマラヤ山脈を飛び出る世界最高峰で

NEOホステルが凄い スマホでなんでもできる&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH

今年2017年4月にオープンした   &AND HO

NEOホテルが凄い 隅田川沿いのリバービューのホテル

今回、ご紹介するのは今年2017年4月にオープンしたばかりの

→もっと見る

PAGE TOP ↑